1分でできる!!企業向け自家消費型太陽光発電システム導入診断

あなたの事務所や工場との相性チェック

自家消費型太陽光発電とは?

自家消費型太陽光発電とは、太陽光発電でつくった電力を売電せず、つくられた電気を自社で使用することを指します。

近年、火力発電の燃料となっている原油などの価格高騰など様々な観点から、電気代は日々高騰しています。また、固定価格買取制度による電気の買い取り価格は徐々に下がってきています。その為、『太陽光発電設備によって発電した電気を売る時代』から『太陽光発電設備によって発電した電気を自社で使う時代』へとシフトしています。
企業のCO2削減や、非常用電源としての観点からも、自家消費型太陽光発電の導入が近年注目されています。

自家消費型太陽光発電が注目される理由

1.環境保護活動

『CSR』という言葉をご存知でしょうか。『CSR』とは「Corporate Social Responsibility」の略で、日本語に訳すと「企業の社会的責任」という意味になります。近年このCSR活動の一環として『SDGs』や『RE100』などをはじめとした環境保護活動に力を入れる企業が増えてきました。
このような企業の活動は、企業イメージの向上やステークホルダーへの説明責任としてだけでなく、企業が当たり前に取り組むべきものとして、広く社会から積極的な取り組みが期待されています。

写真:木を両手で抱えている

2.電気代削減

日本で実用化されている再生可能エネルギーには、水力、地熱、バイオマス、風力、太陽光などがあります。その中でも、他の再生可能エネルギーに比べ、国内のほとんどの場所に設置可能である太陽光発電が最も普及しました。
太陽光発電の普及が進んだことによって、太陽光発電設備の導入コストも低減しました。これにより、企業が太陽光発電設備を導入し、発電した電気を事業に使用する自家消費型太陽光発電を行った場合に、十分な事業期間で考えれば購入している電気の従量料金よりも安くなるケースも見られるようになりました。

写真:電球と電卓

3.非常用電源

ここ数年、地球温暖化の影響で自然災害が増え、それに伴い大規模停電も頻繁に発生しています。
そうした中で、自家消費型太陽光発電設備を設置していれば、停電時でも電気を使用することができます。また、蓄電池を設置すれば電気を発電していない雨天時や夜間であっても、電気を使用することができます。

写真:複数ある電球の中でひとつだけ転倒する電球

自家消費型太陽光発電の3つの導入方法

1.余剰発生型モデル

電力使用量以上の太陽光発電設備を設置し、使いきれなかった部分の電気は電力会社へ売電を行うモデルです。余剰分を売電できる分、投資回収年数は早くなりますが、売電金額が下がりメリットが小さくなってきています。

こんな企業にオススメ!

  • 電力使用量に対して、設置スペースの広い倉庫業
  • 早期投資回収を実現させたい、小規模の事務所
  • 優遇税制が活用できる、資本金1億円未満の製造業

電気代削減

補助金

売電収入

節税

FITを活用し、投資回収年数を削減できるモデル

2.余剰発生型モデル

電力の使用量に対して、太陽光発電の設置容量を最小にするモデルです。電力使用の最小デマンドを下回ることが無い為、RPRの作動リスクを抑えることができます

こんな企業にオススメ!

  • 電力使用量の大きい、大規模製造業
  • 年間の電気使用量に変動が少ない、商業施設や倉庫業
  • 優遇税制が活用できる、資本金1億円未満の製造業

電気代削減 △

補助金 △

売電収入

節税

RPRの作動リスクを低くしつつ、電気代削減効果を得られるモデル

3.出力制御モデル

電気の使用量に対して、太陽光の発電分が余剰に発生しないように、出力をあえて制御するモデルです。RPRの作動するリスクをなくすことが可能になるため、太陽光が停止するリスクを抑えることが可能

こんな企業にオススメ!

  • 電力使用量の大きい大規模製造業、スーパーマーケット
  • 設置スペースがあり、電力使用量も大きい倉庫業
  • 補助金を活用したい、製造業、福祉・医療施設等

電気代削減

補助金

売電収入

節税

蓄電池とセットで導入することで太陽光の電力を最大限に活用できるモデル

自家消費型太陽光発電システムを取り扱いたい企業様必見!

自家消費型提案を成功させる3つのキーポイント

自家消費型太陽光発電システムを提案したいけど、難しくて上手くいかない。そんな企業様が自家消費型提案を成功させるポイントをまとめました。 「需要家のニーズ、導入の目的」「システム容量の決定及びその設計」「キュービクルの改造」の3つのキーポイントに主軸を置いて、自家消費型太陽光発電システムで重要な要素とその内容を紐解きます。

いますぐダウンロード

さらに詳しく自家消費型太陽光発電のことを知れる!

「再エネ導入に取り組んでほしい」
と言われた担当者のための
自家消費型太陽光発電 基本ガイド

なぜ今、大企業だけでなく中小企業にまで再エネ導入が求められているのか。その社会的背景や、再エネの中で自家消費型太陽光発電を選択する理由、導入を検討する際に知っておきたい基礎知識などをまとめました。
具体的に検討していくにあたってどんな準備をしていくことが必要なのか、まず何から始めるべきかなどもお伝えします。

いますぐダウンロード
販売店様向け蓄電池情報サイトSUGOENE蓄電池MEDIA再生可能エネルギーの最新情報をさがすならネクストエナジーホワイトペーパーダウンロードメールマガジン登録