太陽光ブログ

売電について損しないための知識編 太陽光発電10kWのボーダーライン?!

こんにちは、タカヤマです。

今回は少し難しい話も出てきますが、しっかり説明しますので、しっかりついてきてください。

太陽光発電は住宅用と産業用で制度が違います

太陽光発電では発電容量が10kw未満の住宅用太陽光発電と、10kW以上の産業用太陽光発電の2種類があり、発電容量が10kW以上のものは全て産業用に分類されます。
産業用太陽光発電は、固定価格買取制度の余剰売電と全量買取が選択できます。

全量買取では、読んで字のごとくですが、発電した電気を全て電力会社に売ることができるようになります。

固定価格買取価格は下がりますが、代わりに売電期間も住宅用の10年から20年に延長されます。

 

太陽光発電の発電出力の考え方

インターネットで探しても、ちゃんと書いているところが少なかったのでまとめておきます。

定義は、、、、

『各系列における太陽光パネルの合計出力とパワーコンディショナーの出力のいずれか小さい方の値を、それぞれ合計した値』

※自然エネルギー庁「太陽光発電設備の発電出力の考え方について」より

通常太陽光パネルの方の容量をパワコンと同じか大きくするため、極端にバランスが崩れた組合わせでなければ、基本的には太陽光パネルもパワコンも10kWを超えるとその太陽光システムは、10kW以上の施設となります。

産業用と住宅用

住宅用太陽光発電と産業用太陽光発電の最大の違いは固定価格買取制度の違いにあります。
産業用太陽光発電では全量買取制度が適用されます。買取期間も住宅用太陽光発電の10年間から20年間に延長されます。

一方住宅用は、産業用よりも期間は短い分価格は高く設定され、導入費用が回収できるように設定されています。

住宅用太陽光発電

余剰買取
売電期間10年

一般的なご家庭ではこの区分になると思います。

産業用太陽光発電

全量買取
売電期間20年

大きな屋根を持っている場合、こちらを選択することができるようになります。

10kW以上の太陽光発電を導入する際に気を付けること

適応される補助金が異なります

住宅用太陽光発電では地方自治体によっては補助金が準備されているところがあります。しかし産業用太陽発電では補助金が受けられる地域は少ないです。補助金が受けられる地域が少ない背景として、設置費用が年々下がってきていることがあげられます。初期費用が少なくなり十分な利益を確保しやすくなっています。

発電量だけでなく、保証や耐久性も検討しましょう

住宅用太陽光発電の場合、屋根の設置面積が限られているため太陽光モジュールの変換効率が重要視されました。少ない設置面積でより多くの発電量を確保するためです。しかし、産業用太陽光発電の場合は過酷な環境化でも長期運用が可能かという信頼性や耐久性が重要視されることが一般的です。
メーカーにより様々な太陽光パネルがありますので事業計画や設置環境に応じて最適な物を選択することが重要です。

産業用は投資なので、住宅用よりも緻密な検討が必要

余剰売電では、ご自宅の使用量により収支が変わるので、心がけにより売電量を増やせます。また固定価格買取が終わった後、買取価格が低くても蓄電池の導入などにより利用価値があります。産業用の全量買い取りでは、発電量をそのまま売るだけです。メンテナンスを含めた入念なシミュレーションの上購入してください。