太陽光ブログ

太陽光発電の基礎知識 太陽光発電の発電効率は?

発電効率とは?

efficiency_img01
火力発電・水力発電・原子力発電や太陽光発電システムなどにおいて、元のエネルギーから得られる電力の割合を「発電効率」といいます。一般的な太陽電池の発電効率は15%前後と言われています。自然エネルギーを利用する発電システムの中ではエネルギー効率は悪いとされています。しかし太陽光は際限なく降り注ぐので十分効率的な発電システムだと言えます。
太陽光発電では発電効率が高いと同じ面積でより多く発電することができます。特に住宅用の太陽光発電の場合、太陽光パネルを設置する広さに限りがあります。より多くの発電を稼ぐためにも発電効率の高い太陽光パネルを導入しましょう。また発電効率が高いと同じ発電量でも太陽光パネルの枚数を減らすことで、屋根にかかる負担を軽減することが出来ます。