太陽光ブログ

こんにちは、タカヤマです。

オール電化住宅やZEH(ゼッチ、ゼロエネルギーハウス)、スマートハウスといった言葉も、最近は聞かれるようになり

太陽光発電システムを、ご検討される方が増えていると思います。

どれくらいの人が検討している?

新築時に太陽光発電システムの導入を検討する世帯は増加傾向です。

検討の度合いは、絶対設置したい方からちょっと気になるくらいの方まで様々ですが、今どのくらいの人が設置しているのか、実際に見ていきましょう。

新築の際に太陽光発電を導入した割合

 

n_building_img01

 

※環境省 太陽光発電に関する国内消費者向けアンケート 調査票・集計結果より

※太陽光発電設備=太陽光発電システム

2人に1人が、設置しています!

正直私も意外でした!こんなに多いんですね。都心部や住宅密集地で、どうしてもつけられない方もいらっしゃいますので、さらに多くの人がご検討していると思われます。

注文住宅こだわりポイント

新築住宅の場合は、太陽光発電システムの導入を前提に、太陽光発電に適した屋根の設計を行うことができます。太陽光パネルの設置角度によって、太陽光発電システムの発電量は大きく変わります。また、 太陽光パネルを無駄のない設置をすることで、発電量を大きくすることができます。太陽光パネルが設置される前提の外観を設計できるので、デザイン性を損なう事がなく設置できます。 せっかくの新築住宅で、見た目が悪くなっては、太陽光発電システムを導入したくなくなってしまいますよね。経済面、デザイン面どちらも納得の住まいを実現できます。

太陽光発電は専門会社や得意な会社に聞いた方がお得!?

n_building_img02

太陽発電パネルのメーカーはたくさんあります。ハウスメーカーや工務店に依頼すると、取り扱いメーカーが限られる場合があります。製品もさまざまな種類があるので、色々な条件に応じた太陽光パネルを選択が重要なポイントです。複数メーカーの中から選択でき、最適なプランを提案してくれる施工会社にしましょう。またアフターサービスやメンテナンスに関しても重要です。家電量販店や工務店の場合はアフターサービスなどに制限がある場合があるので注意が必要です。寿命の長い商品ですから、長く付き合っていける会社をお選びください。

導入方法の紹介

新築の場合、太陽光発電システムの導入方法は大きく2つあります。

  • 建築依頼中のハウスメーカーや施工会社に依頼する
  • 別途専門会社に依頼する

 

建築依頼中のハウスメーカーや施工会社に依頼するケース

建築依頼中のハウスメーカーや施工会社に、太陽光発電システムを依頼する場合のメリットは、同じ会社の形式で見積り比較ができることと、住宅ローンに太陽光発電システムの値段を組み込む事ができることです。しかし、太陽光は金額の大きな買い物となります。最終的に、同じ施工店に頼むとしても、複数の施工会社を比較・検討し最適な会社をお選びください。必ず、見積り比較はするべきです。

 

別途専門会社に依頼するケース

ハウスメーカーや施工会社に依頼すると、取り扱い太陽光パネルメーカーが限られる場合が多いです。
太陽光パネルメーカー、製品は様々な種類があります。色々な条件に応じて、太陽光パネルを選択できるかどうかが重要なポイントです。太陽光発電システム専門業者に依頼するメリットは、選択肢が増え最適な太陽光パネルを設置することができることです。住宅の施工会社が扱っていないメーカーのシステムも選択できるため、幅広いメーカーから自分自身に合ったシステムを導入可能です。発電量重視のメーカーを選択したり、コストパフォーマンスに優れたメーカーを選択するなど、自分に合った太陽光発電システムを設置できます。

新築住宅は導入する絶好のタイミング!

n_building_img03
太陽光発電システムを導入したいと少しでもお考えでしたら、新築住宅の際にご検討ください。仮に新築と同時に導入できなかったとしても、太陽光発電システムに合った家と合ってない家では、導入のしやすさが全く異なります。もし、何か分からないことがありましたら、お気軽にご相談ください。