太陽光ブログ

パパは何かと忙しい

checklist_img01

こんにちは、タカヤマです。

 

平日は仕事、休日は家族。いつも時間ないですよね。太陽光発電システム導入の際の負担を、軽くする方法をご紹介します。できれば、誰かにご相談の前に呼んでいただきたい情報です。もちろんご相談後でも役立つと思いますので、ぜひ読んでいただきたいです。

導入前に準備いただきたい5つのポイント

checklist_img02

1.図面のご用意を!

太陽光発電システムに重要な情報はズバリ、面積・方位・角度です。これらすべての情報が載っているのが図面です。スゴエネに見積もり依頼を頂いた場合も、真っ先にヒアリングさせていただく情報です。具体的には、①平面図(ご自宅を横に輪切りにしたような図です。)②立面図(ご自宅を真横から見たような図で東西南北あります。)③屋根材の詳細(瓦、スレートなどの記載部分)。各種図面があるのとないのとでは、導入までの話のスムーズさが私の体感では2倍くらい違います。

checklist_img03

2.ご自宅の電力使用料金を記録を!

太陽光発電システムを導入した際、シミュレーションをする為に、電気料金の支払明細が1年分のご用意があるとベストです。安心してください、もちろんなくても大丈夫です。ない場合はご家族の人数に合わせて全国平均のモデルデータを使用します。でもあなたの状況に合わせたシミュレーションのほうが心強いですよね。

checklist_img04

3.太陽光パネルメーカーの特徴を大まかに調べましょう

太陽光パネルメーカー各社のホームページを閲覧して、たくさんイメージを膨らませてください。但し、条件によって太陽光のシステムはベストな選択が変わりますので、メーカーは絞らないでください。また、太陽光発電システムと同時に導入したい、エコキュートや蓄電池などがありましたら、是非ご相談ください。

checklist_img05

4.補助金・助成金をチェック

太陽光発電システムを設置すると、国や都道府県・市町村の補助金の対象となる場合があります。 国・都道府県・市町村の3つから補助金が受け取れる場合もあるので、あなたの地域の補助金の有無はチェックしておきましょう。導入後見つけたらショックですからね。

checklist_img06

5.支払方法を考えておく

ローンの借り換えや金利優遇のついた専用のソーラーローンなど、銀行や信販会社が様々な商品を用意していますので、きちんと比較検討してくださいね。