太陽光ブログ

太陽光発電の基礎知識 太陽光発電の買取価格や今後の予想

2016年の太陽光発電の買取価格

all_d_img03   
売電制度  住宅用(10kW未満) 産業用(10kW以上)
売電価格 31~33円/kWh  24円/kWh
売電期間  10年間 20年間

再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)とは

再生可能エネルギーは、コストが高いなどの理由によりなかなか普及が進みませんでした。
そのため、再生可能エネルギーが暮らしを支えるエネルギーの柱のひとつになるよう育てるための制度が「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)」で、平成24年7月1日にスタートしました。

具体的には、再生可能エネルギー源(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気を、国が定める価格で一定期間、電気事業者が買い取ることを義務付けるものです。
電気事業者が買取りに要した費用は、使用電力に比例した再エネ賦課金によってまかなうこととしており、電気料金の一部として、国民が負担しています。

つまり、太陽光システムなどの再生可能エネルギーを普及させるために、国民の電力使用料の一部を使い、再エネ発電システムを普及させる制度です。

再エネ賦課金とは

    
再生可能エネルギーが暮らしを支えるエネルギーになるよう、電気を利用している国民から電気料金の一部としてお金を集めています。

太陽光発電の売電価格の推移

FITの設定された2012年以来、年々売電価格は下がっています。
太陽光発電の買取価格や買取期間は、誰がどのように決めるのでしょうか?
買取価格は、経済産業大臣が毎年度、関係省庁や調達価格等算定委員会の意見を尊重して、年度開始前までに定めることとなっています。
定められた調達価格や調達期間は、年度開始前までに(例年3月末)告示されます。
買取価格は、発電設備設置者に過大な収入が入らないこと、そして賦課金による国民負担が過大にならないことが考慮されています。

sasaki_solar01

(*)出力制御対応機器設置義務のある北海道電力・東北電力・北陸電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力の需給制御に係る区域において、
平成27年4月1日以降に接続契約申込が受領された発電設備では価格がそれぞれ2円多い金額となります。

太陽光発電の買取価格の今後の予想

今までは、太陽光発電システムの導入コストが高かった為、買取価格も高く設定されていました。
しかし、導入が進み流通量が増えてきたことや企業努力により導入コストが下がったことを受け、買取価格も下がってきました。
今後も導入コストは下がると予想されるので、買取価格も同様に下がると考えられます。

スゴエネでは太陽光発電に関するあらゆるご相談を受付しております。
太陽光発電システムの導入コスト・今後の買取価格の動向など気になることがありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。